ボケ防止と刺激

私たちの脳は非常に複雑な構造と機能を持っていますが、脳だけで何かができるわけではありません。
視覚や聴覚、触覚などの脳の外部からの刺激にあたって、反応することが脳の働きと言えるでしょう。
高齢になり、五感が衰えてくると、刺激が少なくなってくる。
これによりボケが始まると言えるでしょう。
そこでボケ防止を考えるには、脳に刺激を与えることが重要となります。
当然、どんな刺激もいいわけではなく、適度な刺激でなければなりません。
激しすぎる刺激は脳の損傷や大きなストレスとなることでしょう。
高齢になった両親への年齢プレゼントとしてボケ防止グッズを送る人がいますが、その場合にはプレゼントの選び方に注意しなければなりません。
脳を活性化するとはむずかしいことを考えるのではなく、指を切り回したり、音を聞き分けたりすることでも十分です。
人は目に見えないものを想像することができますし、イメージを膨らませることができます。
また、自分が楽しいことであれば、何度でもおんなじことを繰り返します。
脳トレの典型的なゲームは自ら遊ぶ種類と、複数での競争型の種類があります。
どちらがいいと言うわけではなく、とも楽しみながらプレイすればいいでしょう。
家族と共に脳トレゲームで楽しむことは大きな刺激となります。
直前の記憶は海馬と呼ばれる脳の部分に蓄えられることがわかっていますが、海馬が活発にはたらくため、その周辺にも刺激が伝わります。
ボケ防止を特別に意識する必要はなく、刺激を楽しむ余裕を持つべきでしょう。
やはり、痴呆症の前兆が見られるなら、適度な刺激は毎日継続することが大切です。
医学的研究によって、脳に刺激を与えるため痴呆症が進まなくなるだけではなく、改善する場合もあることがわかっています。
家族ができることもたくさんあります。
一緒にゲームを楽しんだり、孫のお世話をしたりするだけでもいいはずだ。
プレゼントとしてゲームがなければならないわけではなく、柔軟に企てることが大切でしょう。
日常生活の中で自分から刺激を求めようとするなら、ボケが始まることはありません。
いつまでも元気なお年寄りで送れるはずです。
脳トレの代表です計算ドリルだけで、嬉しいと感じる人は少ないでしょう。引用