マタニティ筋トレ・おすすめの運動

妊娠中は腹筋や足の筋肉を落とさないためにも、マタニティ筋トレなどの運動を行うことは大切だと言われています。
マタニティ筋トレは一般の筋トレのように無酸素運動ではなく、有酸素運動を行いながら筋肉をトレーニングして行くというものです。
妊娠中だからこそ行いたい運動と逆におすすめできない運動があるのでご紹介ください。
すぐにでも始められ、無事故のおっきい運動としてウォーキングがあります。
まずは気晴らしの散歩の気持でスタートしてもOKです。
殊につわりがあるときなどは運動する気分でもなく、むかむかする毎日に耐えるため、リフレッシュも兼ねて始めてみましょう。
あまり酷いことを考えずに毎日10分でも20分でもあるくことから始めます。
体調が良い時折些か歩幅を大きくしてみたり、腕を著しく振るなど意識して歩くといいでしょう。
ウォーキングはとにかく妊娠初期からでも、転倒など注意すればいつでもスタートできます。
他にマタニティスイミングも人気ですが、プールなどの環境が近くにないと続け難いかも知れません。
体に負担が早く、その上たっぷり体を強めることができるので20分程度行いましょう。
また軽々しいスクワットは骨盤を解き放ち易くし、骨盤低筋肉を強化することができ安産のためにもおすすめです。
しかしお腹が張ったりした場合は一気に中止するなど、体調を見ながら無理止める程度に行います。
マタニティヨガやマタニティ体操などは、マタニティの人のための運動として作られたものなのでおすすめですが、それでも体調によっては一気にストップするなど注意は必要です。
そして妊娠中は避けたい運動として、一層転倒のリスクの良いものがあります。
例えばテニスなど妊娠前には毎週のように楽しんでいた人であっても、とにかく転倒しやすい運動なのでおすすめできません。
また凄い動きをする運動は胎盤が剥がれて流産のリスクもあるので注意しなければなりません。
自転車なども骨盤をいじくるなどメリットもありますが、お腹を圧迫してしまったり横転の危険が厳しいので避けましょう。
勿論他にもスキーやスノボー、スケートなど好きな運動であっても絶対にやってはいけない運動だ。
またジョギングや縄跳びなども絶対に行わないようにください。引用