留学に必要な費用

海外留学をしようと考え始めたとき、断然気になるのは費用面です。
アメリカへ行きたい、イギリスへ行きたいと思い始めたとき、すぐにでもお金を貯める必要があります。
海外留学をするには果していくらくらい掛かるものなのか、費用の内訳とおよその金額、いつごろ必要になるのかその時期についてなど紹介したいと思います。

・海外留学先の学校に払う学費…費用の中で一番大きな割合を占めるものです。
入学出願費、授業料、教材費などがかかります。
アメリカロサンゼルスのある学校では、入学金が150ドル、授業料が7,000ドル〜9,000ドル、教材費が200ドル、日本円にすると合計で90万円〜120万円かかります。
イギリスロンドンのある学校では、入学金が100ポンド、授業料が5,000〜7,500ポンド、教材費が50ポンド、日本円にすると合計で77万円〜115万円かかります。
カナダトロントのある学校では、入学金が150カナダドル、授業料が6,500〜8,000カナダドル、教材費が200カナダドル、日本円にすると合計で65万円〜77万円かかります。

・海外留学期間中の生活費…ホームスティ講じるのか、寮に入るのか、ルームシェアするのか滞在方法によって鳴る費用は違ってきます。
留学期間が長くなればなるほど陥る費用は高くなります。
学費と同様に海外留学費用の大部分を占める費用だ。
滞在期間中の家賃の他にも食費、車代、交際費など延々と必要になります。

・パスポート申請費…パスポートを持っていない人は、申請費用として10年有効な旅券は16,000円、5年有効な旅券は11,000円必要になります。

・ビザ申請費…アメリカは学生ビザが160USドル、イギリスは滞在期間によって89ポンド〜230ポンド、カナダは学生ビザが150カナダドル必要になります。

・保険加入費…留学中に海外で病気やケガになってしまったとき治療費用をカバーするために保険の加入は重要です。
海外では日本の健康保険は効きません。
海外の医療費はかなり高額なので海外保険に加入しておくようにしましょう。
クレジットカードに付帯して要るものもあるので、きちんと確認しておくといいと思います。

・渡航費…海外へ行く際にはチケットが必要になります。http://www.bqvloeren.nl/