脱毛を自宅で行なうポイント

露出が増える季節や場所になると、今まで以上に気になるのがムダ毛ですよね。
サロンやクリニックで徹底ケアをしたいけど、時間やお金も気になる場合は極力自宅で済ませたいものです。

今回は自宅で行なう脱毛についてご紹介します。

予め初めに、自宅で立ち向かう基本的な知識をおさえましょう。

脱毛は、自宅・サロン・医療と主に3つの方法でできます。

自宅での脱毛は、自分のペースでできて、断然低価格です。
回数と期間が長くかかります。

サロンでの脱毛は、回数と期間は長くなるが、医療脱毛と比べリーズナブルで痛みが少ない、積み重ねるためやや高額になる。

医療での脱毛は短期間で半永久的に脱毛望めるが高額である。
専門医師による施術なので信頼性が高い。

など、こんなことから、自宅での脱毛サロンは、
・なるたけ費用をおさえたい
・人に体を行き渡るのが苦手
・自分のペースで続けたい
という人におススメです。

また、脱毛と剃刀の違いは、
・シェーバーやシェーバーによって自己処理での「剃刀」をする。

・自宅用脱毛器などで、毛根やメラニン色素に呼び掛ける「脱毛」を行う。

など、どちらの段階でも丁寧な処理を重ねていくことが大切です。

では、自宅用脱毛器はどうして選べばいいのでしょうか。

自分に当てはまる自宅用脱毛器を選ぶ時折3つのポイントがあります。

1、脱毛方式を選ぶ
自宅用脱毛器には「フラッシュ式」と「レーザー式」の2種類がありますが、脱毛初心者さんにはフラッシュ式がおすすめです。

フラッシュ式脱毛は痛みをもらいにくく、一度に広範囲の脱毛ができます。

2、脱毛望める範囲をチェックする
自宅用の脱毛器には全身に払えるものとそうでないものがあります。
また、顔・デリケートゾーンだけは照射の対象外になっているものが多いので、もしも、それらの部位を含む全身のケアをしたい人には要注意です。
照射OK範囲をとことん確認してから購入しましょう。

3、効率のいいものを選ぶ
脱毛で大事なことは「積み重ねる」ことです。

自宅用脱毛を選ぶ時は、本体以外の価格までぐっすり計算したうえで今後もつぎ込み続けられそうなものを選びましょう。
購入前に、追加のオプションや交換用カートリッジなどの使い捨ての価格まで正しく把握して、どういう予算になるかを確認しましょう。参照サイト