赤ちゃんの便秘

ウンチが出なかったり、離乳食が始まっても水っぽいウンチが貫くとそれだけで心配なママも多いでしょう。赤ちゃんの機嫌がよければ便秘や下痢は心配ありませんが、気になるようであれば、慣習の見直しが必要かもしれません。
赤ちゃんの便秘は、大人同様、赤ちゃんのウンチの回数や固さにも個人差があります。2.3日でなくても平気な子もいれば、機嫌が悪くなる子もいる。便秘の原因と対処について知っておくといいですよね。
では便秘って何のことでしょう?
便がごつくなって3~5日以上も出ないとき、また、出ていても固いウンチの事を一般的に便秘といっている。
便秘の原因としては、大人同様さまざまですが、主に、次の原因が考えられます。
・成長とともに便の量が鎮まる
消化吸収能力が発達する結果、便の量が収まる場合があります。
・離乳食のスタート
離乳食が始まると、便がごつくなり、いきむ力が足りないと便秘になることがあります。
・野菜不足
野菜の繊維の摂取が不足すると出にくくなります。
・厚着のさせすぎ
意外に思うかもしれませんが、衣服にも影響します。厚着をさせすぎると、赤ちゃんのからだの動きが鈍くなり、いきみに必要なお腹の力の発達を妨げることになります。
便秘の施術についてご紹介していきましょう。
便秘の施術も大人とほぼ同様に考えて大丈夫です。
・水分を十分に加えましょう
赤ちゃんには果汁や砂糖水が良いでしょう。
・体を動かしてあげよう
ねんねの赤ちゃんはママがやさしくお腹を時計の針の方向で円を描くようにマッサージを通じてあげたり、仰向けに寝かせて、あんよを伸び縮みさせるなどしてあげましょう。
・薄着として赤ちゃんの動きを妨げないようにしましょう
赤ちゃんは元々汗かきなので、大人よりも「衣服は1枚少なめ」がちょうどいいと言われています。
・3,4日立っても出ない時は、浣腸を通じてあげましょう。
出ないままにしておくと、腸で水分が吸収され、ウンチはどんどん硬く出にくくなる。浣腸によって排便が促されるとき「いきむ」ことを覚えていきます。
便秘は全然心配はいりませんが、まれに、心配な便秘もあります。5日以内の便秘で赤ちゃんの機嫌が良ければ心配はありませんが、「ウンチがコロコロ固い」「ごつくて血が混じっている」などウンチの状態がいつもと違うとき、また、ウンチをするときに痛がって涙するときや何度も吐く、食欲がない、お腹が張って苦しそうなときは小児科を受診しましょう。ADHDサプリおすすめ!子供の多動性障害で悩んでいるママへ【朗報】