近所の業者チェック

近所でリフォーム工事やるのを見かけたら、業者をチェックするチャンスだ。
リフォーム業者は地域に根付いた、地域で相当実績のあるものにするという選び方もあります。
近所でリフォーム業者を見かけたら、その現場を見ていい業者かどうかチェックしてみましょう。

チェックポイントは次の通りです。
・リフォーム業者の車をチェックする。
リフォーム工事中はたくさんの車がやってきます。
工事の内容、日程によってその日に何人の業者が訪れるかわかりませんが、工事期間なら1台はどうしても停まっていらっしゃる。
どういう停め方をしているのかチェックします。
近所に配慮して停めているのか、通行の邪魔になっていないか、危険な停め方になっていないかなど見極める結果、業者のマナーがわかります。
いい業者の選び方の1つに、業者のマナーの良さも大きく関係していると思います。

・工事終了後の夕方、現場をチェックする。
毎日の工事が終わった夕方、充分掃除が行われているかも大切です。
木くず、釘、破片などがそのままになっていないか、ちゃんと掃いてきれいにしておるかも見ましょう。

使った機材がもっぱら放置されているとか、ゴミが散乱やる、あるいはゴミが激しく積まれていて危険、通行の邪魔になっているなど危険な状態になっていないことが大切です。
整理整頓がきちんとされている業者は、安全対策も敢然と行っていると思います。

・たばこの吸い殻が落ちていないかチェックする。
基本的に現場でたばこを吸うのを禁止している業者も多いのですが、何とか吸う場合でも喫煙やる場所は決められています。
あちこちにたばこの吸い殻が落ちていたらマナーの低い業者だ。

・工事中にラジオを聞いてある、音楽を鳴らしているかチェックする。
作業中にラジオを聞きながら作業やる業者がいらっしゃる。
近隣から苦情がきます。
正にこんな苦情は数多く寄せられます。
そういう業者はやめた方がいいだ。

・ダンボール、材料が長く積まれているか見極める。
リフォーム期間は多くの資材が近づくため、現場にダンボールなどが詰まれることも珍しくありません。
ただ長期間置きっぱなしになっていては近隣の迷惑にもなります。
工事の日程によって効率よく搬入支持ができているのかどうか、担当者の管理能力を見ることができます。引用